原色 貝・化石図鑑


by kasekizukan

ハチノスサンゴ

今からおよそ30年ほど前、高知は佐川地方の横倉山に、ある地質調査会社の社長に連れて行っていただいたことがある。土砂降りの中、杉林奥の採石場跡地に向かっている途中、一人黙々と塹壕を掘る人物と遭遇した。大きな水を張ったバケツに、泥の岩を入れ、何やらタワシでゴシゴシ磨いている。何をしているのかと尋ねると、子供の頭ほどある岩をこちらに向け、なんだと思う?と逆に尋ねられた。泥がまだ半分ついた状態のその石の縁には、見事な床板構造が現れていた、それはマッシュルーム状のハチノスサンゴの塊であった。
c0204682_20105165.jpg

 偶然にも越知の宿で一緒になったこの方は、わざわざ一人で車で来ていた、埼玉か群馬の中学の先生であった。一週間ほど滞在するとのこと、すでに何百kgというサンゴを採集したと、夕食中自慢気に話されていた。なんでも石灰岩の表面には泥が付着しているため、その泥をはぎ取らないとファボシテスかどうかはわからないため、わざわざバケツに水を汲んで山を登るのだとか。ゴトランド紀が初めてだった私は、握りこぶし程度のハチノスサンゴを採集したのみ、やはりプロは違うと驚かされた。あれから現場はどうなったのだろう。連れていつていただいた地質会社の社長も、また地質会社も今はない。おそらくもう二度と行くことはないであろう横倉山、そして、また二度と採石することもないであろう横倉山よ永遠なれ。
[PR]
# by kasekizukan | 2016-10-19 20:31
 頂いたアンモナイトを同定しようと、あちこちから関連書籍を引っ張り出した。見た目ではShuparoかな~?と考えたものの、自信がない。そこで、最後はこの本で同定することとなった。
c0204682_22211898.jpg

 なるほど、側面だけではわからなかったが、腹面が図示されていることで納得がいった。やはりShuparoではなかった。三笠市の化石写真集や東海大学出版物も閲覧したものの、結局最後に役にたったのは、一個人で出版された北海道のアンモナイトであった。さすが、アンモナイト好きな方が考えて出版しただけのことはある。残念ながら書店では販売されていないのと、自費出版のため、学生には幾分つらいだろうが、大人ならしれた金額である。北海道のアンモナイトを集めている方々にはバイブル的な存在であろう。
[PR]
# by kasekizukan | 2015-07-21 23:06 | アンモナイト

ムカシキリガイダマシ

 キリガイダマシ、化石をやっていると、よく出てくる単語でもある。浅海域から、やや深場の砂泥質、暖流から親潮まで、かなり広い適応環境をもち、比較的進化も早いため、有効な示準化石とされている。ただし、産出数は多い割には、殻頂から殻口まで完全に保存された個体は、なかなか採集が得難いものである。その一つ静岡県の掛川地方より産出する大型のキリガイダマシが存在する。種名ペルテレブラ、和名をムカシキリガイダマシと言う。
c0204682_21144013.jpg

 どういうわけだか、こいつは多産するわりには、なかなか状態の良いものが採集できない。また、どの図鑑や記載標本を見ても、まともな物が載っていない。私はどうにかして、こいつをうまい具合に採集できないものかと、ボンドや石膏なども考えたものの、イマイチうまくいかない。結局は、運を天に任す採集で難局を打開した。
 この個体は螺層が14保存されている。螺条や螺層の膨らみなどの特徴もよくわかる。ただし、やはり殻口部は破損している。もし完品であれば、おそらく10cm近くになるだろう。こんなものの採集に時間を費やしたため、肝心のサメの歯はさっぱりである。やはりここでは、貝をじっくり採集するか、それともアムシオやアナダラ、グリキメリスなどを粉砕しながら、フルイで小さなサメやエイを探す作業に没頭するかで、収穫が大きく変わる。私はもちろん、前者の貝のみ採集に没頭する。
[PR]
# by kasekizukan | 2014-12-26 21:36 | 貝化石
 私はアンモナイトは大好きである。特に北海道のアンモナイトはお気に入りだ。でも豊浦や北上のジュラ紀や三畳紀もの、青海や秋吉といった、石灰岩に含まれる立体的な物も大好きである。アメリカの巨大なスカフィテスや巨大バキュリテス、フランスやドイツの黄鉄鉱に置換したものもいいよね~。でもロシア産の黄鉄鉱の粉をまぶして、造花のごとく仕上げたアンモナイトの置物や、カナダのアンモライトは欲しくないな~。あと山中のバレミテス、可哀想だが、このアンモナイトほど、採集出来ても嬉しく思えたことがない。
 北海道に行って、よく先人が割り捨てたノジュールからアンモナイトを拝借することがある。もったいない。と言いながら、捨てた物を拾うのは、何とも屈辱的と思う方もいるかもしれないが、それはけっこういいものだったりする。割ったパーツを拾い集めると、ちゃんと巻いた物が完成するのだが、北海道の方々は、なんとも贅沢な方が多いようだ。
c0204682_2143471.jpg

 私は大好きな種類なのだが、何故か北海道の方々には人気がない。円板型、というか銭型というか、とにかく平べったく、あまり装飾がないからであろうか?これとは違うものだが、以前、羽幌の奥で、このハウエリが三つのパーツに割られた状態で捨てられていた。つなぎ合わせるとちゃんと捲いている。なのに何故捨てあったのだろう。答えは簡単、臍の中心の胚殻がなかったからである。こだわる方はこだわるのだろが、その程度で置いて帰るとは・・・・・・・おかげで私は楽に収穫にあり付けたわけだが、さすがに最近では、皆持ち帰るそうだが。
[PR]
# by kasekizukan | 2013-11-25 21:53 | アンモナイト

Pterotrigonia datemasamunei?

 子供のころ、と言っても中学生のころだったか。本格的に化石に興味を持ちだした時、とても欲しい化石があった。その一つがこのサンカクガイである。図鑑でよく見る外国産の見事な合弁個体が、2万も3万もしていたため、貧乏子供には眼に毒というか、所詮高嶺の花であった。ならば自分で採集するしかない。私が真っ先に眼を付けたのが、自宅から一番近い産地の銚子半島であった。
 国鉄銚子駅から、銚子電鉄に乗り換え、終点外川で下車し、そのまま急な坂を一気に下り、海岸まで歩いた。当時でこそ、採石場はどこも行われていなかったが、その砕石当時の転石はゴロゴロと転がっていて、わる石には不自由しなかった。それでもサンカクガはなかなか出てこなかった。稀に出てきても、割り方が不味だったのか、サンカクガイ特有の複雑な殻形がわざわざいしてか、なかなか綺麗に出てくれなかった。それでも半日割り続けて、ようやく満足いくものが1個程度であったと記憶する。そのpociliformisは今でも私の宝物だが、ここから産したものは、大きくてもせいぜい50mm程度であった。
c0204682_226295.jpg

 これはつい最近、産地不詳と言うことで手に入れた。しかし、誰が見ても岩手産であるのは一目瞭然である。こいつは肋数がやたらと多い、直線的なエリアの装飾もよく保存されている。そして、とても大きい。殻長76mm、ではどうしてこれを政宗公に同定したかと言うと、本心では自信がない。そうあって欲しいと思うのだが、さあ皆さん。いかがだろう。
[PR]
# by kasekizukan | 2013-10-03 22:23 | 貝化石